お母さんあなたのお子様を発達障害と決めつけないでね

心と体を癒す専門家 谷口貴子のスピリチュアル生活ブログ☆

こんにちは^^

今日はね、とっても嬉しいお話しを書きますね(*^-^*)


ライトワーカー養成講座の受講生さまのお子様が「発達障害」と診断をつけられていて、
そのお子様が最近少しおとなしくなったとのことだそうです☆
お子様が通う保育園でも、様子が変わってきている報告も頂いているそうです🎵

実はね、私が受講生様からお子さまが「発達障害」であると伺った時に、
「ご自分の可愛い子供にそんな病名をつけるのはやめましょう!!」とお伝えしたのです

だってね、そんなちょっと周りの子と違う行動をするとか、
ちょっと落ち着きがないとかそんなことぐらいで病名をつけるなんて
とってもナンセンスと想いませんか?!

近年、巷でちょいちょい聞く“発達障害”。
この言葉にとても違和感を感じているのは私だけでしょうか?

幼い子供は、とっても純粋なので、
お母さまの精神状態や心の状態がお子様にものすごく影響していくものです。
幼いお子様の行動異常を感じられたとしたらそれはお母さまの影響が大きいです。
お母さまが、毎日の生活の中で何か不安や不満などがあると
すぐさまそれは幼いお子様やもしくはペットちゃんに影響していきます。
少し神秘的に言うとエネルギーが移ってしまうのです

なので、幼いお子様がおられるご家庭のお母さまはとても重要な存在なのですよ。
常にご自分をみて、コントロールしていく必要もあるかと想います。

今回、お子様の行動などが変化したのは、
まさにお母さまがお子様を見る意識を変えて自分とお子様を信じた結果なのです!!

素晴らしいですよね!!
もう発達障害だなんて言わせませんよ(笑)

あなたのお子様やお孫さんが「発達障害」の疑いありと言われたら、どうされますか?
専門の病院に行って診断を受けますか?

少し人と違うことをしているからと言って、障害扱いにするなんて驚きますね。
全て個性としてみていくといですね!!
大きな可能性を秘めた幼子の能力を潰さないで欲しいです☆


今日はまた一段と熱く語ってしまいました(*^-^*)

今日も読んで下さり ありがとう☆ありがとう

ページ上部へ